コロナ関連記事

新型コロナワクチン接種の千葉市の現状 4月

現在新型コロナワクチンの接種は3月末の時点で基幹施設職員を中心に医療従事者の約20%進んでいると思われます。
4月は基幹施設の残りの職員、5月は連携施設の職員 6月には一般診療所、介護施設、訪問看護ステーションなどの職員が接種予定とされており6月末の時点で医療従事者の約8割が2回目の接種を終了する見込みです。
また65歳以上の高齢者は4月から40歳以上のハイリスクの方は5月から千葉市より予防接種券の配布が開始されます。
今の所残りの一般の方々への予防接種券の配布の見込みは未定です。

<千葉市の新型コロナワクチンのスケジュール見込み>

ワクチンの接種会場  1又は2となります。

1,集団接種 日曜日中心で千葉市では中央区コミュニテイセンターの1か所となります。場所と時間が限定されている為かかりつけ医がある方はかかりつけ医での接種、予約をお勧めします。八王子市の例も見てもコールセンターは電話がつながりにくいことが予想されます。
2,かかりつけ医での個別接種 それぞれのかかりつけ医をお持ちの方はそちらで接種します。また新型コロナワクチンを扱わない医療機関がかかりつけ医の場合は1の集団接種に参加するか取り扱いのある医療機関での接種となります。

4月 ごく一部の介護施設での接種開始
5月 介護施設及び65歳以上の高齢者接種開始
6月 40歳以上のハイリスクの方への接種開始

当院での接種スケジュールは以下を予定しています。

5月中旬 事前登録された65歳以上の方の接種開始 (接種券が送られた方のみです) 事前に外来受診時に具体的な日時を決めてください。
     接種券が手元にあり事前予約されていない方の外来にて受付開始  その時点で確保したワクチン数までの先着順の受付となります。
当院での確保数を超えたらその時点で一度受付を停止します。早目の受付をお勧めします。(又は他の医療機関での接種をご検討ください)
6月   事前登録された方(40歳以上のハイリスクの方)の第二弾接種開始
6月以降随時 5月中旬以降先着順でお申し込みをされた方へのワクチン接種を行います。 

ページの先頭へ